バイアくガラやジェネリックの通販購入を知ろう!

バイアくガラ

まずはバイアくガラではなくバイアグラ(Viagra)と読みます。
世界的に有名なED治療薬で、勃起不全や射精障害の改善をさせるお薬です。
この医薬品は病院で医師から処方されないと購入が出来ない、処方箋医薬品に指定されています。
発売当初はアメリカで大ヒットした商品ですが、欲しいあまりに日本から個人輸入した方が硝酸剤と併用してしまい死亡事故が数件起きました。
結果として厚生労働省は医師の服薬指導が必要な処方箋医薬品としてバイアグラをスピード承認して、処方箋があれば購入できるように法を整備しました。
そんな取り扱い注意なバイアグラではありますが、今でも個人輸入で通販することは可能です。

バイアグラを個人輸入するあたり気を付けたい事

バイアグラは個人輸入代行サイトから通販での購入が可能となっています。
しかしながら、先ほどお伝えしたように死亡事故に繋がる危険性があります。

バイアグラは急激に血圧を下げるお薬です。
その他の強い降圧剤と併用したら、当然血圧が下がり過ぎてしまい大変危険です。
このことは必ず覚えておいて下さい。
もし現在血圧の薬を飲まれていて掛かりつけ医がいらっしゃいましたら、必ずご相談の上で購入をご検討下さい。

バイアグラを個人輸入で海外から取り寄せた場合は、重大な副作用があっても自己責任です。
全てご自身の責任となり、だれも保障してくれません。
添付文書などをよく読んで、ご自身で理解を深めてから輸入を考えるようにして下さい。

その他に、個人で輸入できる量になりますが、「用法用量からみて一か月分以内」とされています。
あまりまとめて多く買い過ぎると、税関で譲渡や営利の目的を疑われて発送元に返送されてしまいます。
せいぜい30錠いかない程度に抑えて購入するようにして下さい。

以上の事を守れば、輸入する事自体は厚生省から認められていますので、覚えておいて下さい。

個人輸入代行サイトは詐欺や偽物の危険性も潜んでいます。
これは厚生省からも注意喚起が行われておりますので、安心できるサイトから購入するようにしましょう。
この件に関しても自己責任の範囲内なので、返金や返品ができるようなサイトですと安全に取引ができます。

バイアグラの100mgやジェネリックが輸入可能

個人輸入の良いところは、バイアグラの100mgが販売されています。
日本では未承認で、効果や副作用が日本人には強いと言われていますが、分割して服用する事もできるので経済的にリーズナブルと言えます。
その他にもジェネリックのカマグラゴールド100mgなども安く販売されていますので、うまく活用すれば金銭的には助かる方も多いのではないでしょうか。
日本ではジェネリックのシルデナフィル錠50mgが処方されていますが、やや値段がお高めではあります。
しかし医師の診察も大変重要なので、初回はクリニックや病院などでの処方をおすすめいたします。

個人輸入ではその他のED治療薬のレビトラやシアリスのジェネリックも安く販売されているので、EDで既に処方されている方は個人輸入の通販サイトを閲覧してみると良いかもしれません。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(まだ評価されていません)
読み込み中...
5段階評価になります。

«

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です